食品の加工とはどんな仕事?

食品の加工とは風味を高めたり保存性を強化したり運びやすくしたりするなどのために、食材や食品に手を加える幅広い仕事を指します。このうちの主なものは「形態の変更」と「容器・包装の変更」です。形態の変更とは食品を切断したり粉砕したり整形したりなどで、容器・包装の変更とは食品の盛りつけや小分け包装などのことをいいます。この他に、骨とりや塩を加える作業、冷凍や解凍なども食品加工の仕事に含まれます。
食品加工は立ち仕事なのでそれなりの体力は求められますが、特に資格は必要なく初心者でも始めやすい仕事です。料理が好きなら即戦力として働くことができます。食品工場は1年中稼働していることが多いので休みがとりにくく、小さな子供がいると働きにくいかもしれませんが多くの女性が働いているのも特徴です。

食品の検査とはどんな仕事?

工場の食品検査でよく行われているのが「目視検査」と「外観検査」です。工場によっては同時に行っているところもあります。ベルトコンベアの上を流れていく製品に目を通し、外観をチェックして不良品を見つけます。包装や梱包の前に行う仕上げの検査で、たとえばチョコレートなら製品に欠けやヒビがないかなどを確認します。機械で行う場合もありますが、細かいエラーは人の目でしか発見できません。
製品にもよりますが、食品検査は座ってできる仕事です。一般的には資格が必要なく、年齢や性別を制限されないため初心者でも始めやすくなっています。簡単な検査から始められるので仕事を早く覚えられます。不良品を見逃せば会社の信用にも関わるため、責任の大きな仕事といえるでしょう。

大阪の住み込みの派遣の求人には、旅館の仲居やキャンプ場のスタッフ、倉庫の管理や自動車の製造などがあります。