工場の仕事で定番の内容

工場が勤務地になる求人にはいろいろな仕事がありますが、定番ともいえるのは商品の組み立て作業です。組み立て作業にもいろいろな種類があり、自動車のような大型商品があれば小型の電気製品を組み立てる場合もあります。電気製品の組み立ての仕事は、大きく2つのパターンに分けられます。ひとつは流れ作業に合わせて部品を設置していくパターンで、もうひとつは製品の組み立てを最初から最後までひとりの従業員が担当するパターンです。前者の場合、ベルトコンベアのスピードに合わせて作業する必要があるため、経験が浅いうちはベルトコンベアの速度を遅くすることも。後者の場合は自分のペースで作業を進められますが、一定の速度と正確さを求められる点は変わりません。

製品の検査もよくある仕事です

電気製品を生産する工場では、組み立てではなく検査を担当する求人もよくあります。具体的な検査方法や検査の対象は、企業によっていろいろです。組み立てが完了した製品の一部を抜き出して正常に動作するかチェックしたり、組み立て前の電子部品をチェックしたりするのがよくある例です。動作チェックは、従業員がマニュアルに従って操作してチェックしたり、検査用の機械に任せたりします。正常に動作しないものがあれば、それを取り除くのはもちろん、詳細な原因究明をするために専門部署に連絡するのが通例です。不良品は大量に出るものではありませんが、出荷済みの製品に不具合が発生した場合などに検査態勢が強化されることもあり、一時的に忙しくなる可能性はあります。

大阪など大都市圏では、家賃など住居費が高くなりがちです。その点、大阪の寮の派遣ならこうした出費がない分お得です。